MENU

staff

社員を知る

  • マーケティング部
ゼロから、
新しいことを次々と。
スリーポイントを決め込む
ラッパーマーケッター

クラブシーンやアプリ開発なども経験した20代。

東京、宮崎、新潟と、子どもの頃は様々な場所で過ごしました。

小学生時代にはクラスのガキ大将からいじめられる経験もしましたが、

同時にある出来事をきっかけにいじめた相手を今度はいじめる側も経験し…。

両方の気持ちを理解できたことは、その後の人生でも役立っていると思います。

中学、高校時代は小学生から始めたバスケに夢中でしたね。練習はしんどかったですが、

そのおかげで、社会人になってから「あのキツさに比べれば…」と乗り越えられる場面も少なくありません(笑)。

また、僕の人生に大きな影響を与える音楽と出会ったのも、高校生の頃。

ラッパーやDJとしての活動もはじめ、「この道で生きていくんだ」と高校卒業後は上京し、音楽の専門学校に進学しました。

20代前半はアルバイトで生計を立てながら都内クラブを中心に音楽活動に打ち込む毎日。

事務所にも所属し、CDデビューも果たしましたが、そのまま売れるような甘い世界ではありませんでした。

結婚し子どもも授かったことをきっかけに「しっかり働かなければ」と都内のスポーツショップに就職。

その後、「手に職を付けよう」とWeb制作やアプリ開発の会社で知識とスキルを磨きました。

「マーケティング部を立ち上げたい」と任される。

この会社と出会ったのは、35歳の時。東京から新潟に戻ってフリーランスで1年くらいWeb制作の仕事をしていた頃でした。子どもの頃にゲームを買っていたCOMG!が求人を出していて、詳しく調べると、長い歴史の中で次から次に新しい事業に挑戦している!僕自身も新しいことに挑戦していくことが好きだったので、「ここなら面白く働けるかも!」と面接を受け、入社を決めました。でも、それから2年。ここまで新しいことをいろいろと任されるとは、入社前は思っていませんでしたね(笑)。入って1年後には、櫻井専務から「マーケティング部を立ち上げたいから、よろしく」と頼まれ、全店舗のSNSをスタート。さらに、市場調査やWebサイトの制作から運用、改善、集客のためのチラシづくりやローカルCMの制作まで。すべて担当することになったのです。どれも試行錯誤の連続でしたが、自ら企画して行動し、成果が出た時は本当に面白いですね。

最終的な夢はキッチンカーで全国を回ること。

一番印象に残っているのは、ゼロからスタートしたSNSです。最初は14店舗で4千人程度だったフォロワーを、この1年で4万8千人まで増やすことができました。もちろん僕一人でできることは限られているので、各店舗の店長やスタッフにSNSの効果を知ってもらいながら巻き込んでいった結果です。また、この会社は上司や経営層との距離が近いことも、仕事が面白くなる理由の一つ。考えたことをすぐ提案でき、的確なフィードバックのもと、次の策を打つことができる環境はありがたいですね。今後の目標はまずは一人で立ち上げたマーケティグ部をしっかりとした組織に育てていくこと。さらに、このコロナ禍の中、僕は日野屋初のリモートワークも経験させてもらうことができたので、こうした新しい働き方の仕組みも整えていきたいと思います。そして、最終的な夢はキッチンカーを作って、全国各地でクレープを売りながら、音楽や写真を通した交流をして回ること。そんな今の仕事と直接関係なさそうな夢も語れて、かつ実現できそうな雰囲気があるところが、この会社の最大の魅力かもしれません。

MESSAGE

夢や理想を持って、日々意識し続けよう。

これから一緒に働きたい人は、仕事を楽しみながらできる人。

物事をポジティブに捉え、改善すべき点はしっかり改善できるような人と働きたいですね。

逆に、そういうタイプの人であれば、この会社はすごく楽しいと思います。

日々発見があり、新しいことに次々と挑戦することができるので。

だからこそ、どんな些細なことでもいいので「夢」や「理想」を持って、

それを実現するために日々意識しながら努力し続けてほしいと思います。

ENTRY